白い歯

人並み外れた素敵な笑顔|インプラント治療のメリットとコスト

歯周病のリスク

	歯科

この世で最も多くの人がかかっているのが、歯周病です。歯周病は、自覚症状が全く無く進行する恐ろしい病気であり、歯がグラグラするなどの自覚症状が現れる頃には症状がだいぶ進行している可能性が高いです。また、歯周病は一度なってしまったら治ることはない不治の病としても知られています。なぜなら歯周病菌によって歯槽骨や歯肉が溶かされてしまい、治療して進行を止めたとしても、歯肉にできた隙間に歯周病菌が入りやすくなってしまうのでケアが非常に難しいからです。そのため、歯周病にならないためには歯医者に定期的に通い、歯茎の健康チェックをする必要があります。
広島の歯医者では予防歯科に力を入れているところがほとんどです。予防歯科とは虫歯、歯周病の予防をするための歯科であり、広島のほとんどの歯医者に予防歯科があります。予防歯科では歯と歯茎の健康チェックや歯周病菌の数、歯の磨き残しのチェックをする他、PMTCという歯科衛生士による本格的な歯の洗浄を行った後、ブラッシングのアドバイスをしてくれます。ここで学んだことを毎日実践することで、歯周病のリスクは大幅に減ります。また、広島の歯医者では定期的に予防歯科に通うことを推奨しており、定期的にダイレクトメール等で定期健診の呼びかけを行っています。広島以外にも、日本各地で予防歯科に力を入れていることは多く、今や歯医者は治すのではなく、予防して虫歯や歯周病をなくすことに注力しています。