白い歯

人並み外れた素敵な笑顔|インプラント治療のメリットとコスト

銀歯の危険性

	歯医者

従来、虫歯治療で広範囲にわたって削った場合、その削った場所を埋めるためにメタルインレーを用いて歯を詰めます。メタルインレーとは銀歯のことであり、正確には銀やパラジウムなどの合金製のものを使用しています。特徴としては、錆びなくて長期使用でき、鉄よりも柔らかいので日常生活を送るぶんには全く問題ありません。しかし、メタルインレーは長期使用すればするほど、金属アレルギーを誘発してしまいます。
メタルインレーは確かに錆びません。しかし、唾液などによって徐々にかすかに溶けていき、金属イオンが発生してしまいます。この金属イオンは歯に付着すると黒ずんでしまい、染みこむと色がなかなか落ちません。それだけならまだしも、金属イオンを長期にわたって飲んでいると、金属アレルギーが発生してしまう可能性があります。これは、必ずしも発生するわけではなく、可能性はごく僅かです。しかし、常にアレルギーが発生するリスクが生じるということを考えると、10年20年のスパンで見ると決して少なくはありません。また、金属アレルギーが発生したままメタルインレーを使用していると、常に体がアレルギー反応をおこしてしまい、体に様々な不具合が発生します。そのため、金属アレルギーが発生するリスクは出来る限りおさえましょう。解決策としては、メタルインレーではなく、セラミック(陶器)のインレーに変えることです。保険適用外なのでコストはかかりますが金属アレルギーになるリスクを完全になくせるのでコスト以上の恩恵があります。